僕はもう疲れた。

ただただ正直な気持ちを書く。

喫茶店でブログを書く。落ち着く。

今、私は静かな喫茶店でブログを書いている。

上質のコーヒーと、軽食が食べられ

店内には落ち着いた雰囲気のクラシックが

比較的小さな音で流れている。

 

癒される。

 

100年ぐらいの歴史があり風格はあるが威圧感はなく

だれでも入りやすい。

 

それでいてコーヒーはめちゃくちゃ美味しい。

 

店員さんは20代後半~30代後半ぐらいの女性。

ずっと世間ばなしをしている。

そのちょうどよい生活感がここちよい。

 

こちらも遠慮なく

キーボードを叩ける。

 

コーヒーを、一口また一口飲むたびに

 心の中が穏やかな気持ちで満ち溢れる。

仕事のときとはまるで別人のようになる。

 

落ち着く。

本当に落ち着く。

 

眠くはない。

 

心のなかに水平線ができるような気がする。

 

この感覚を大切にしたい。

冷静に自分と向き合う。

この気持ち。この状態。この姿勢。

大事にしたい。

 

お店のちからを借りなくても

この状態になれたら

どんなに生きるのが楽になるだろうと思う。

 

楽になりたい。

 

小学校卒業のとき、

色紙に自分が一番好きな言葉を書かされた

私が書いたのは「極楽」であった。

 

これだけは今でも鮮明に覚えている。

そして、今も変わらない。

 

究極に楽になりたい。

楽な状態を極めたい。

 

そんなことをふと思い出させてくれる。

そんな喫茶店に出会うことができた。

 

 

広告を非表示にする