読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はもう疲れた。

ただただ正直な気持ちを書く。

本「この世から猫が消えたなら」を読んで。

※ネタバレ注意

 

昨日、本「この世から猫が消えたなら」を読んだ。

 

余命一日を宣告された主人公が

一日の延命と引き換えに世のなかからひとつずつ

なにかを消していくという物語。

その中で主人公が人生にとって必要なものは何か的なことを考えだし

やっぱり家族だよね~的な話が出てくる。

 

そのストーリーというか

主人公と家族との絆の描き方がすばらしく

居酒屋でKindlePaperWhiteを使って読みながら一人で泣きそうになった。

 

そして、今年の盆は

お金がもったいないから

この間の正月地元には帰ったから

実家狭いから

という理由をつけて、帰省しなくていいや。

と思っていたが、

この本を読んで、絶対明日の朝の電車で福岡に帰り

そして、お母さんとお父さんに元気な姿を見せようと思った。

 

今日の朝、とりあえずテレビをつける。

「福岡は今日も猛暑日です。」

ニュースキャスターがそんなことを言っていた。

いやいやいや、関係ない

行くんだ。

 

電車賃を調べる。

片道で22000円。往復で44000円。

今買いたいものが全部まとめて買える。。。。

 

朝御飯を買いに外にでた。

暑い。。。福岡はもっと暑いのだろうか。

 

とにかく暑い。

 

昼から行こう。そうしようと思い

今14:30。

僕はクーラーの効いた涼しい富山の独り暮らしの家で

だらだらお菓子を食べながら、blogを書いている。

 

福岡に行く準備もしていない。

 

 

お母さん。お父さん。

僕は元気です。

 

また、お正月に帰ります。

たぶん。

 

広告を非表示にする