僕はもう疲れた。

ただただ正直な気持ちを書く。

午後休みをとった

今日はいろいろあって午後から休みをとった。

 

昼にみる町の景色は、週末のものとは全く違うものだった。

 

いつもは、見えないような色がみえた。

クレヨンでかいたような、そんな柔らかさがある景色だった。

 

そんななか、私は汗をかきながら歩いて帰った。

 

小学生のころ土曜日に

帰ったときのウキウキ感が少しだけよみがえった。

 

会社にいたときの、割れるような頭の痛みは

家にかえったら治った。

広告を非表示にする