僕はもう疲れた。

ただただ正直な気持ちを書く。

富山の出店に椅子が売っていて思わず買ってしまった。

最近は、土曜日は家から一歩も出ず、

日曜日に活動するというのが定番となっている。

 

今日は富山の総曲輪市民プラザのあたりにいってきた。

大道芸のフェスタをやっており、その関係で出店がいっぱい出ていた。

 

ビールやたこ焼き、アクセサリー屋さん、占い、レコードなど

定番の出店な並ぶなか、なんと「椅子」をうっている出店があった。

出店で椅子である。

 

店員さんをみるとすごくいい人そう。

椅子のサイズ感もよさそうだったので、

ちょっと座らせもらうことに。

抜群によかった。

固すぎず、柔らかすぎず。

高さもいいが、クッションの固さが絶妙だった。

 

椅子のデザインも昔っぽすぎず

かつ、かっこつけすぎてない非常に愛着のわきそうなデザイン

即購入しそうだったが、さすがに一度退散して考えた。

 

大道芸を見て、ビールを飲んで、たこ焼きを食べて

ゆっくり考えて、お店のご主人の笑顔が忘れられず

戻って購入。

私はこういう人間である。

 

早速家に帰って、椅子に座って映画をみた。

すばらしい、だらだらしすぎず、かつリラックスできる。

 

勢い余って部屋の模様替えまでしてしまった。

 

いい買い物をした。

やはり人の気持ちを動かすのは人である。

そんなことを考えました。

 

以上。